ハローワーク 看護師 転職

転職エージェントに登録に当たって何を注意すればいいか?

 

先ほども言いましたが、看護師の転職支援は専門のエージェントはたくさんあります。
他業種に比べてうらやましいくらいあるんです。

 

求人希望を出している医療機関は基本的には複数のエージェントに対して求人を出しています。
よりスキルのある人を望んでいますから、多くのチャネルを通じて行っています。

 

ですから、一度に何社も登録してしまうとエージェントの仕事マッチング・仲介でダブってしまう可能性があります。

 

 

同じような希望やスキルを持っている人が複数のエージェントから医療機関に紹介され、ふたを開けてみると同じ人だった・・・
こうなってしまうとせっかくあなたに興味をもってくれた医療機関の心証を悪くしてしまうことがあります。

 

エージェントがあなたのためにお膳立てしてくれたのに、そんなことで不採用になってしまうことがありますので、まずはエージェントは1つに絞りましょう。
エージェントの特徴は各社の色があります。でもここでは「ナースではたらこ」にしています。

 

自力で探して直接応募したり、ハローワークを使ったりすることは並行して行ってもかまいません。
そちらでも活動していることをエージェントとの面談で話しておくとより探す医療機関の分担ができダブリとかのムダが省けます。

 

自力での活動で採用が決まってしまった場合、エージェントの担当者には急ぎでその旨を伝えましょう。

 

ただし、自力で選んだ医療機関が、職場環境や福利厚生がよくないと就職した人が定着せず、結果的に辞めていく人が多くなると、
新しい人を雇わざるを得なくなるなります。あなたがその時期に当たってしまうと採用となるケースもあります。

 

就職してからこんなはずじゃなかった、と言っても遅すぎるので、できれば地元の評判を聞いてみましょう。

 

患者にとって良い医療機関が、必ずしも職員にとって良い医療機関とは限りませんよね。
職員のさまざまな犠牲の上に成り立っている場合もあるからです。

 

高額な医療機器や多くの資材などコストをかければかけるほど、従業員は安い給与、劣悪な待遇、サービス残業を強いられることになる場合があります。
それに気づいた医療機関は、職場環境や福利厚生をよくする努力をしています。

 

 

⇒⇒ナースではたらこの詳細を確認してみる

 

 

>>「ナースではたらこで転職した看護師の実際の評価は?」を読む