病院辞めたい

 

 

あなたが病院をやめたいと思うのはどんな時ですか?

 

病院辞めたい,病院やめたい

医療スタッフ同士の人間関係に詰まり、これでは患者様の安全が守れない上、自分の看護師生命も脅かされる

 

自分は仕事向いてないと思います。それは、報告が出来なかったりして、上の人から何やらせても遅いと思われてしまう

 

環境の変化に適応できないと思った時もしくは希望の病棟に配属されなかった時

 

夜勤もつらかったし先輩のいじめもあった

 

この答えはネガティブな口コミの一例ですが、いま勤めている病院をやめたい動機はもっとたくさんあります。
これは氷山の一角に過ぎません。

 

病院を変わりたいと考えているあなたの動機はこれにあてはまりましたか?

 

看護師の仕事は過酷でミスが許されない上、人間関係も悪化となるとメンタル的にもまいってしまいますよね。

 

これは職場環境が変わることで異なってきます。

 

 

 

転職理由でもっとも多いのは「人間関係」

 

 

その次に、「転居」「ライフスタイルの変化」と続きます。女性が多い職場ならではの理由が上位を占めているのが特徴的です。

 

病院辞めたい,病院やめたい

 

スキルアップ(キャリアアップ)は5位を占めているので、このような理由で転職する人も多いことがわかります。

 

 

病院辞めたい,病院やめたい

看護師として同じ病院で長年働いていると、自分の看護観などが固まってきて、「このまま今の状態で仕事を続けていって良いのか?」と疑問に思うことがあると思いませんか?

 

そんな疑問を持ったり、より看護を深めていきたい人におすすめなのがキャリアアップ転職です。

 

転職する契機ってどの職業もあまり変わらないと思いますが、看護師の場合は専門の人材紹介会社(エージェント)がたくさんあり、

 

サポートもエージェントそれぞれに特色があります。これは他の職業よりすごく優遇されていると思います。

 

 

キャリアアップなどポジティブな理由やいじめなどのネガティブな理由、人それぞれの事情があります。

 

 

また、看護師を辞めたい理由としてよく聞くのは、「夜勤が多くて体力がもたない」という理由や「人間関係で悩んでいる」といったものです。

 

たとえば、最近看護師を辞めた私の友人は、「師長や主任からのパワハラがひどい」と悩んでいました。

 

上司のパワハラの場合は、周りの同僚が助けてくれそうな気がするのですが、実際のところ、とばっちりを恐れて見て見ぬ振りをするケースが結構あるんですね。

 

そうなると、「私は誰からも助けてもらえない」という孤独感が増し、いつしか、精神的に追い詰められていき、看護師を辞めたいと思うようになります。

 

もちろん、これはひとつのケースですが、看護師はただでさえ、人の命を預かる緊張感の中で毎日働き続けなければならないため、何かと精神的にツラいことが多いんですね。

 

ちなみに、実際に看護師を辞めてしまった人のことを「潜在看護師」と呼び、その数は現在約70万人にも達するそうです。

 

すごい数ですね・・・。

 

ただし、この数字には続きがあります。
それは、70万人の潜在看護師のうち、40%の人は「また看護師として働きたい!」と考えているというデータがあるんです。

 

また看護師として働きたい!
なぜ、辞めた看護師の40%の方が、もう一度看護師に戻りたいと思うでしょうか?

 

その理由はふたつあります。

 

ひとつは、“人間関係がイヤで辞めたけれども、看護師の仕事自体が嫌いになって辞めたわけではない”というケースです。
このケースの場合、勢いで看護師を辞めたものの、しばらく経ってから「やっぱり、看護師の仕事をしたい!」と後悔するケースが多くあります。

 

 

ですから、早く転職のスタートラインに立つことです。そしていろんな医療機関と世の中の動向を見定めましょう。
そうすれば焦って転職を決めて後々後悔することもなく、あなたの希望に沿った転職ができます。

 

看護師専門の転職エージェントに登録してみる

 

 

 

>>「看護師の転職専門エージェントを使ってみる」を読む